不妊治療をするなら不妊治療専門クリニックがおすすめ?

mamanic

不妊治療をこれから始めようという場合、どこに行こうと迷ってしまうと思います。

 

不妊治療をするなら不妊治療専門クリニックが良いのか、婦人科でも十分なのか詳しく解説していきます。

 

不妊治療専門クリニックがおすすめ!

 

不妊治療をするときにはやはり普通の病院よりも不妊治療専門クリニックの方がおすすめです。

 

女性の年齢が若くて避妊期間が短いときは最初は婦人科へ行ってもよいですが、30代から40代の人は不妊原因がわかっているときは直ぐに治療をするために不妊治療専門クリニックがよいです。

 

近所の婦人科に産科があるときは妊婦や赤ちゃんも診察にくるので、それを見るのが辛いときも不妊専門の方がストレスが少ないです。

 

mamanic

大学病院や総合病院は医師の数も多く担当医制でないところは診察の度に医師が変ります。

 

クリニックでも医師が複数いると同じように変わりますが、担当医だと基本的に同じ医師が毎回診断してくれます。

 

同じ医師でなくても大丈夫なときは複数名医師がいる病院で、変ってほしくないときは担当医制や一人の医師が診察しているクリニックがよいです。

 

不妊治療は自分の都合で進めるとはかがらず卵胞の成長ぐらいやホルモンの状況などで、仕事や他の用事よりも優先させる必要もあります。

 

その時に通院のしやすさも重要で自宅と病院までや職場からなどの交通機関と時間を調査します。
マイカーのときは駐車場の有無や費用などを確認しておくとよいです。

 

本や雑誌、インターネットなどで気になる病院を調査して特徴や治療方針も確認します。
不妊治療専門クリニックでは勉強会や講習など開いていて、妊娠や不妊についての説明や個人的な質問に答えてくれます。

 

この時も女性だけでなくパートナーの男性と一緒に行く方がよいです。

 

医師と直接話をすることが一番大切です。

 

医師との信頼関係も大切です

 

mamanic

 

不妊治療は病気やけがの治療と違って痛みやかゆみなどの症状ではなく、子供が欲しいという願いからの治療です。
医師と会話をすることで夫婦の身体を任せることができるかは、直接話をしてから判断する必要があります。

 

この先生なら間違いないだろうと思ったときは通院して、駄目だと感じたら他の病院や医師を探します。

 

重要なのは後悔のない治療が出来るかです。

 

 

関連ページ

不妊治療がツライ・・・【妊娠・出産報告が余計ツライ】
不妊治療をしていると、周りの友人の妊娠や出産報告の度にツライ気持ちになります。不妊は、生活習慣や食生活を改善させるだけでも効果があり、前向きに希望を持ち続け取り組んでいくことで、少しずつ改善されていきます。
不妊治療費ってどのぐらいかかるの?
不妊治療費には段階があり、ステップアップしていくにつれて金額が高くなります。不妊治療を受けなくても、赤ちゃんを授かれる体を維持していくためには、 日々の生活スタイルや栄養バランスのよい食事を意識して、健康管理をしっかりと取り組んでいくことが大切です。
不妊治療の助成金ってどのぐらい?
不妊治療は、1回10〜15万円で、年に2回まで助成金を受け取ることができ、通算5年支給されます。助成制度があることで、希望を持って不妊治療をすることができるようになり、高額な不妊治療になっても安心して治療に専念することができます。
不妊治療の助成金について教えて!
多くの人が悩んでいる不妊ですが、不妊治療を行うにしても、それなりの金額が必要になってきます。治療と言っても様々な検査や人工授精などを行えばその金額は計り知れないものになってきます。そこで、多くの自治体では、助成金を出すことで不妊治療の手助けをしています。市町村で出してくれるものもあれば、都道府県から助成金を出している場合もありますし、両方からそれぞれもらうこともできます。内容は、各自治体で条件が異なってきますので、確認が必要です。
不妊の原因にはどんなものあるの?
年齢によってはなかなか妊娠できないという人もいますが、要因の一つに晩婚化が進んでいることも挙げられます。30代になると妊娠可能な確率も減っていき、35歳を超えるとその確率は更に下がります。赤ちゃんを望んでいて一定期間性交渉を行っているのに妊娠できない場合は、迷っているうちにどんどん時間だけが過ぎていきます。対処として早めに不妊検査を受けるといいのですが、まずは不妊の原因について男性側女性側でもう少し詳しく紹介します。
無排卵月経だと自然妊娠は難しい?
無排卵月経は自然妊娠がうまくいかない原因の大きな一つです。妊娠ができなくて悩んでいる人のほとんどが、排卵障害である、無排卵月経でしょう。無排卵月経とは、生理の出血はあるものの、卵子が排卵されていないという現象です。しかし、排卵障害は生活の中で原因を取り除いたり、心がけることで改善することが可能なのです。無排卵月経の原因を知り、心がけるべきことを知ることで、不可能だと感じていた自然妊娠がうまくいく体になるかもしれません。ぜひ悩んでいる方は、試してみてはいかかでしょうか?
人工授精はどんな方に向いているの?
人工授精はどのような人にも向いているというわけではなく、向いている人とそうでない人がいます。今回は人工授精が向いている人、向いていない人についてご紹介します!
フーナーテストは保険適用される?
不妊に悩んでいる人の場合には、自分が妊娠出来る状態にあるのかを調べる作業が必要になります。そこで、フーナーテストと呼ばれる検査を受ける事によって、妊娠をしやすい状態にあるかを調べられるのです。フーナーテストの検査内容や、テストを受ける場合に保険適用できるのか調査しました!
体外受精・顕微授精は高い?費用はどのぐらい?
好きな異性を見つけたときに、その人との間に新しい命を宿し一緒に生活をしたいというのは夫婦の切なる願いです。ただ新しい命を宿すというのは天からの授かりものであり、夫婦のそんな願いがあっても何らかの理由で出来ないこともあります。それでも子供がほしいという夫婦が最終手段として行うのが、夫の精子そして妻の卵子を人工的に取り出して顕微授精による体外受精です。体外受精は新しい命を宿す上での最終手段なので、そのまえに必要となる費用を知っておくことが大事です。
一番成功率の高い不妊治療って?
妊娠を望む人の全ての人が妊娠できるという訳ではありません。中には何年にも渡り、子供が欲しいと思い行為を行ってきた人でも、なかなか授からない人もいます。不妊治療には、色々な種類のものがありますが、一番成功率の高い不妊治療ってどんなものでしょうか?
シリンジ法の成功率ってどのぐらい?
テレビや雑誌などで取り上げられていることにより、注目が高まっているシリンジ法の妊活。妊活において、新たな取り組み方をすることができる方法として話題になっていますよね。そして、シリンジ法について気になっている人も多いのではないでしょうか。実際にチャレンジしてみることを考えている人もいるでしょう。そこで、シリンジ法がどのような方法なのかを説明していきながら、気になる成功率についてもたっぷりと紹介していきます。
不妊初期検査ではどんな検査を受けるの?
不妊に悩んでいる場合、病院などの医療機関において不妊の原因を特定する必要があるでしょう。妊娠が出来ない原因は女性のみと思い込んでしまいがちですが、場合によっては男性にも不妊の原因がある事があるのです。そのため、男女とも不妊の原因がないかを不妊初期検査でチェックし、妊娠の可能性を確認しなければなりません。そこで、不妊初期検査においてどんな検査が行われるのかの男女の違いを知っておく必要があるでしょう。
不妊治療の検査は痛いのでしょうか?
妊娠を希望していろいろと努力しているにもかかわらず、一向に妊娠する気配がなく焦っているという人も多いでしょう。その中には、不妊治療の検査を考えている人もいるのかもしれません。しかし、痛いのかもしれないと気になって、なかなか行動する勇気が持てない人がいるのかもしれません。実際に、痛い検査ならやりたくないと思うのも無理はないことですよね。そこで、不妊治療の検査における痛みなどの体への負担をたっぷりと紹介していきます。
不妊治療を休むと妊娠しやすいって本当!?
不妊治療は長期戦になることも多いものです。長い病院通いや治療は、疲れたり気が滅入ったりすることもあるでしょう。毎月生理が来る度に落ち込んでしまうのも、メンタル面で辛くなってきますよね。不妊患者さんの中には、思い切って不妊治療を休むことで妊娠した人も見られます。不妊治療を休むと妊娠しやすいと言われるのは、本当なのでしょうか?治療を休むことによる環境の変化や、心身への影響についてまず見て行きましょう。
不妊治療費の高さと妊娠率は比例する!?
不妊治療に取り組むことを考えているのだけれども、どれぐらいかかるのか分からずに足を踏み出すことができずにいるという人も多いのではないでしょう。そして、不妊治療にお金をかけたからといって必ず妊娠することができるわけでもないですよね。さらには、不妊治療費が高ければ高いほど妊娠率が低下してしまうという噂を聞いたことがある人がいるかもしれません。そこで、不妊治療費の高さを交えながら、稟申率との関係を明らかにしていきます。
体外受精後に気をつけることってある?
妊娠したいと思ってる人の不妊治療の一つに、体外受精があります。体外受精は体の外で受精させた胚を体内に入れ、着床する可能性を高めるというものです。ただ、体外受精後は少し生活習慣に気をつけなくてはならないことも多く、ちょっとした制限もあるものです。では、その制限とは一体何でしょうか?
排卵障害(PCOS)でも自然妊娠は可能?
PCOSとは「多嚢胞性卵巣症候群」のことですが、絶対に自然妊娠できないというわけではありません。超音波で卵巣を検査した結果、成熟していない小さな卵胞がある状態を多嚢胞性卵巣と呼びます。これだけではPCOSではなく、多嚢胞性卵巣に加えて明らかに排卵しない、あるいは排卵しにくいという場合がPCOSです。血液中の男性ホルモン濃度が高いために、卵胞の成熟が阻害されたり、排卵障害が起きたりすると考えられています。
PCO(多嚢胞性卵巣症候群)におすすめのお茶ってある?
妊活をしているのにちっとも結果が出ない・・・。食事を見直したり、基礎体温を測ったりしているのに全く妊娠することができなくて悩んでいる人も多いでしょう。妊娠しないのは、もしかしたらPCOであることが原因なのかもしれません。PCOとは多嚢胞性卵巣症候群の略で、妊娠に大きく関係する病気になります。しかし、この多嚢胞性卵巣症候群について詳しく知っている人も少ないはずです。そこで、多嚢胞性卵巣症候群と効果があるお茶についてしっかりと紹介していきます。
不妊治療はどのようにステップアップしていくの?
不妊治療を行いたいと考えていても、すぐに本格的な治療を行うのには抵抗がある人も多いです。そこで、どのくらいのペースで病院に通い、どのような治療方法を選ぶかを医師と相談して決めていく必要があります。不妊治療は手軽に行える物から、病院での手術を必要とする物まで幅広くあります。そのため、自分の年齢や健康状態、そして妊娠への思いによって徐々にステップアップして行く事によって、より効果的な不妊治療が期待できるでしょう。
不妊治療はお金がないと続けられない?
不妊治療は長ければ長くなる程、求められるお金が増えていきます。その人の体質や生活環境によって、どうしても妊娠しにくいもしくはしやすい状況が違ってきます。少しでも不妊治療を行っていく為には、妊娠しやすい環境を自分達で作っていく事が大切になります。そうする事で使用するお金を少しでも減らしていく事ができ、最高の結果を出していけます。何よりも根気強く治療を実施していき、妊娠という結果を出せるように努力する事が重要です。
不妊治療に移行するタイミングは?
不妊治療を行う際には、妊娠しやすい期間を男女ともが把握する必要があります。妊娠しやすい状態の時に性交渉を行うと、より不妊治療に良い影響を与えるでしょう。しかし、妊娠しやすいタイミングは自分たちだけでは知る事が出来ません。そのため、医療機関で妊娠しやすいタイミングを指導してもらうと、精子と卵子を一体化させられる可能性を上げる事が出来ます。それでは、不妊治療を検討するべきタイミングはいつなのかを確認していきます。
2人目がなかなか妊娠しない・・・不妊治療するべき?
1人目は自然に妊娠をした、でも2人目がなかなか出来ない。と2人目の不妊を疑う夫婦は意外に多くいます。1人目が自然に出来ただけに、あれおかしいな、タイミングが悪かったかな、と不妊を疑う人は少ないのが現実です。1人目が妊娠出来たのだから不妊は人の話、と思ってしまいます。でも、2人目が欲しいと願うなら不妊治療を始めた方が確実に妊娠出来ます。1人目を妊娠出来たから不妊治療は抵抗を感じている人もいますが、治療をするのなら早いにこしたことはありません。
シリンジ法キットで自宅で不妊治療!
子供を持ちたいと希望する夫婦は多いですが、努力をしているにかかわらずなかなか良い結果が得られないと悩むことは少なくありません。現在では結婚の高齢化も進んでいることもあり、今後もさらに不妊で悩む夫婦が増えることが予想されます。では、どのように不妊を改善していけば良いのでしょう?
黄体機能不全ってどんな症状?
黄体機能不全って聞いたことある方もいらっしゃると思います。黄体機能不全は、どんな症状があるのでしょうか?
子宮内膜症でも自然妊娠できる?
子宮内膜症は以外とよく耳にするキーワードだと思います。もし、子宮内膜症が見つかったとしても、自然妊娠することはできるのでしょうか?
年の差夫婦は子供ができにくいって本当?
結婚に関しての最近の傾向は、晩婚化してきている、あるいは結婚を望まない人が多くなっているということが言えます。そして、もう一つ目立ってきているのが、年の差夫婦が多くなってきていることでしょう。特に芸能界では、男性が60歳を超えても、20代30代の女性と一緒になったり、逆にある程度の年齢になった女性が一回りも違う若い男性と一緒になるというケースも珍しくなくなっています。こうしたことも影響しているのでしょうが、高齢になっても子供さんを欲しがるご夫婦が増えてきています。中でも、と年の差婚の人たちは、何らかの理由もあって、年の差を承知で結婚したということもあってでしょうか、お子さんを欲しがるご夫婦が多いのですが、残念なことに年の差夫婦には子供ができにくいということが、まことしやかに言われています。本当でしょうか?
アロマにはうつ病予防効果が期待できる?
日常生活において、様々なことに遭遇し憂鬱になり気持ちが回復しないということが起こります。 そのようなことは誰でもあるわけですが、面白くないまま生活をつけていても状態はよくなりません。人は辛いときや悩みを抱えた場合には、何らかの方法で解決を図ろうとします。問題解決の方法は人によって様々ですが、香りを使って憂鬱な気持ちを解消していく方法があります。アロマと言われ精油を使い芳香浴などの方法で香りを楽しむ目的や、民間療法としても様々な病気の快復に使われています。現代人は不安や心配ごとを抱えやすいと言われ、うつ病を発症するケースも多いと言われます。