高齢出産のリミットは何歳?

mamanic

女性も社会で活躍する世の中になりました。

そのため、結婚の平均年齢もどんどん上がっています。
社会でバリバリ活躍する女性もかっこいいものです。

 

 

しかし、やはり女性として気になるのは、高齢出産のリミット。何歳からが高齢出産になるのでしょうか。
また、高齢出産のリミットなどはあるのでしょうか。

 

芸能人やタレントさんも40代で出産しする方も多いです。
人生設計を考えたとき、頭の片隅に入れておきたい高齢出産についてです。

 

意外と早い!高齢出産の年齢

 

mamanic

 

女性は男性よりも、身体の生殖機能は早くに成熟します。
ピークはだいたい20代から30代初めまでと言われています。
そのため、現代の社会での「高齢出産」と言えば、30代後半からになります。

 

30代以降はどんどん卵子の元になる細胞の数が減ってしまうためです。
30代後半でもう高齢出産なんて、意外と早いですよね。まだまだ社会でバリバリ活躍する年齢です。

 

しかし、年齢とともに生殖機能はどんどん落ちて行ってしまうのです。

 

妊娠の成立のために欠かせない排卵も、女性ホルモンが大きく関係しています。女性ホルモンの分泌のピークも30歳と言われています。
そのため、妊娠しやすい成熟した身体は、20代から30代前半までと言われているのです。

 

女性は平均50代まで月経が続きますが、月経が続くから自然妊娠できる、というわけではないようです。

 

頭の片隅に置いておきたい、「リミット」

 

mamanic

 

身体のつくりがひとりひとり違うように、妊娠の成立のしやすさもひとりひとり違います。
20代でも妊娠しにくい身体の方もいれば、40代でも自然妊娠できる身体の方もいるのです。

 

しかし、女性ホルモンの分泌や、卵子を作りだす元になる細胞の数は、加齢と共に確実に減っていきます

 

一般的に、40代前半くらいまでが妊娠のリミットと言われています。
しかし、40歳を超えたから絶対に妊娠できない、というわけではありません。

 

あくまで「一般的に」妊娠「しにくい」身体になりつつある、ということなのです。
しかし、現代は不妊治療も進歩し、体外受精などの方法で40歳をすぎても妊娠が成立できる場合があります。

 

しかし、高齢出産は母子ともによりリスクが高まります
信頼できる医師と相談して妊娠計画を進めてくださいね。

 

関連ページ

高齢出産のリスクを下げるにはどうすれば?
少子化対策の重要性が高まっていますが、晩婚化、晩産化が進む中高齢出産となるケースが増えています。しかし、高齢出産には赤ちゃんに障害が出ることや母体に異変が生じやすいなどというリスクがあるといわれます。できれば健やかな赤ちゃんを産みたいものですから、避けられるリスクはできるだけ避けたいものです。高齢出産のリスクを抑えるために今のうちからどういったことが出来るか考え、できることから対策をとっていきましょう。
葉酸サプリで高齢出産のリスクは下がる?
最近の晩婚化に伴って、年々、高齢出産をする女性が増えています。一般に35歳を過ぎる頃から妊娠する確率が低下しはじめ、たとえ妊娠しても、高齢出産では胎児と母体に負担がかかってきます。しかし注意事項をよく守って出産に望むことで、様々なリスクが減り、多くの人が無事に健康な赤ちゃんを出産しています。特に、葉酸サプリを上手に利用することによって、染色体異常によるダウン症のリスクを大幅に下げることが可能になります。
高齢出産は発達障害のリスクが高まる?
子供を出産する場合には必然的にリスクは伴いますが、通常でさえ出産する際に「発達障害」というリスクは必ず伴うものです。特に高齢出産により生まれてきた赤ん坊が、健全である保証は約束はされない事も現実ではあります。高齢出産は明らかにリスクが高い行為でありますから、発達障害を避けたければ、赤ん坊を産むタイミングというものを定めなくてはならないのです。タバコ、葉酸の不足により、発達障害の赤ん坊が生まれてくる可能性は高まります。