高齢出産のリスクを下げるにはどうすれば?

mamanic

少子化対策の重要性が高まっていますが、晩婚化、晩産化が進む中高齢出産となるケースが増えています。

 

しかし、高齢出産には赤ちゃんに障害が出ることや母体に異変が生じやすいなどというリスクがあるといわれます。

 

できれば健やかな赤ちゃんを産みたいものですから、避けられるリスクはできるだけ避けたいものです。

 

高齢出産のリスクを抑えるために今のうちからどういったことが出来るか考え、できることから対策をとっていきましょう。

 

リスクがあることを認識したうえでライフプランを立てる

 

mamanic

まずは自分の人生における計画を見直してみましょう。

 

漠然とその時々で考えていこう、という形では後で後悔することになってしまいます。

 

 

特に出産はあなただけではなく生まれてくる子供の人生も左右することになります。
わざわざリスクの高くなる時期に妊娠する必要はありません。

 

まだ若く体力のあるうちに出産できるよう、仕事も含めたライフプランの見直しが必要になります。

 

いつまで仕事に集中するか、出産はいつごろにするかをきちんと決めておきましょう。
周囲に早めの結婚を勧められて困る方もいるでしょうが、それはこうした高齢出産のリスクを減らすための方法でもあるのです。

 

子供を持つかどうか、持つならいつ妊娠するのがベストかを考えたうえでの仕事選びや調整を行っていくことが必要となります。

 

健康維持に努めておくことも大切

 

どうしても仕事を優先したい時期が長くなってしまい高齢出産が避けられないという方は、特に日々の食事や運動に気を遣い健康維持をしていく必要があります。

 

年齢を重ねても若い時と同様の体力と健康状態を保っていくことで少しでも高齢出産のリスクを減らしていきましょう。

 

mamanic

 

働いている女性は忙しく食事などもおろそかになりがちです。
そのような場合はサプリメントなどを取り入れながら必要な栄養素が取れるようにしておきましょう。

 

特に葉酸は妊婦さんにとって重要なものであり、野菜不足になりがちな女性が積極的にとっておきたい成分です。
取りにくいようなら食事にサプリメントを併用しておきましょう。

 

関連ページ

高齢出産のリミットは何歳?
女性も社会で活躍する世の中になりました。そのため、結婚の平均年齢もどんどん上がっています。社会でバリバリ活躍する女性もかっこいいものです。しかし、やはり女性として気になるのは、高齢出産のリミット。何歳からが高齢出産になるのでしょうか。また、高齢出産のリミットなどはあるのでしょうか。芸能人やタレントさんも40代で出産しする方も多いです。人生設計を考えたとき、頭の片隅に入れておきたい高齢出産についてです。
葉酸サプリで高齢出産のリスクは下がる?
最近の晩婚化に伴って、年々、高齢出産をする女性が増えています。一般に35歳を過ぎる頃から妊娠する確率が低下しはじめ、たとえ妊娠しても、高齢出産では胎児と母体に負担がかかってきます。しかし注意事項をよく守って出産に望むことで、様々なリスクが減り、多くの人が無事に健康な赤ちゃんを出産しています。特に、葉酸サプリを上手に利用することによって、染色体異常によるダウン症のリスクを大幅に下げることが可能になります。
高齢出産は発達障害のリスクが高まる?
子供を出産する場合には必然的にリスクは伴いますが、通常でさえ出産する際に「発達障害」というリスクは必ず伴うものです。特に高齢出産により生まれてきた赤ん坊が、健全である保証は約束はされない事も現実ではあります。高齢出産は明らかにリスクが高い行為でありますから、発達障害を避けたければ、赤ん坊を産むタイミングというものを定めなくてはならないのです。タバコ、葉酸の不足により、発達障害の赤ん坊が生まれてくる可能性は高まります。