妊活中のタイミング療法ってどんなもの?

つわり

タイミング療法」は、女性側がきちんと排卵があること。

子宮があること。卵管がきちんと通ること。
男性側も十分な精子があること。

 

これらのことが問題なく確認できれば、タイミング療法ができます。

 

 

タイミング療法の流れは?

まず基礎体温から排卵日のおおよその予想をたてます。
基礎体温のグラフから、低温期最終日から体温が上昇する時期にかけてを排卵日とします。

 

排卵日が近づいたら、エコーで卵胞の大きさを測って成長をチェックし、卵胞の直径が12mm程度になってから1日ごとに約2mmのペースで成長します。
そこから約20mmくらいになると排卵すると言われています。

 

卵子が受精できるのは、排卵から12時間~24時間までと言われています。ですが精子は女性の体内で数日生きられるので、精子を先に送り込ませて中で卵子を待つという形になります。なのでその時期になると医師から夫婦生活をするように指示があります。

 

翌日は、病院でタイミングがあっていたかエコー検査で排卵の確認を行います。さらに子宮頸管のおりものをスポイトで採取して、精子が十分に入っているかどうかフーナーテスト(性交後試験)を受けます。

 

着床は、排卵から一週間後になるので、生理予定日頃には、胎盤になる組織から分泌されるhCGで妊娠の判定ができるようになります。

 

タイミング療法の成功率はどれくらい?

実はタイミング療法による妊娠率は、約20%ほどと言われています。健康な夫婦が排卵日近くで性交をした場合の妊娠確率が約20%で、このペースで計算すると約1年後には90%近くの夫婦が妊娠できると言えます。
タイミング療法は、排卵日を正確にするために必要で、自力で排卵日を特定することは、なかなか難しいことです。なので病院でタイミング療法を行うことは妊娠への近道と言えますね。

 

ただタイミング療法が有効な回数として言われているのが、6回~12回です。つまり半年から1年以内に、妊娠出来なかった場合は、不妊の原因が別にあると考える必要があります。その後タイミング療法を継続させるか、人工授精など次のステップへすすむか夫婦で話し合う必要が出てきますね。
ただしこの先のタイミング療法は、妊娠率が低いと考えられるため、年齢が36歳以上など、妊娠できる年齢が限られている人の場合は次へステップアップしていくほうが妊娠率があがるでしょう。

 

つわり

 

いかがでしたか?タイミング療法は、不妊原因がはっきりとせず、自然に妊娠したいという人はまず行ってほしい治療ですし、そこで妊娠する確率を確実にあげることができます。ただ確率があがったとしても、他に不妊原因があれば、タイミング療法では結果がでないかもしれません。

 

そういった場合に、どうするべきか、夫婦で事前に話し合いをする機会を作るといいですね。
夫婦でも意見が合わない場合もあります。しっかり話し合いをして、どうゆう治療をしていくべきか、考えていきましょう。

 

タイミング療法は、排卵日を特定しやすいですし、自力で排卵日を特定して性交していても実は排卵日が特定できておらず、妊娠に至っていなかったという
ケースも十分考えられるので、とても有効な手段だと思います。
自力で排卵日を特定するには、基礎体温はもちろんですが、排卵検査薬などを使って検査したり、それもまた正確ではなかったりして、成果がでにくいものです。

 

なかなか妊娠しないな?と思っている夫婦は、一度タイミング療法を考えてみるといいですよ!

関連ページ

妊娠のためだけのセックスはしない!夫婦で楽しい時間を!
セックスという行為は、人間はもちろんそれ以外の動物でも目的は同じで子孫を繁栄させるための行為です。ただ、人間と動物では一つ決定的な違いがあり、それはセックスを楽しめるか否かです。動物のセックスは無防備な状態になるので外敵に襲われやすいですが、人間の場合はそうではありません。なので人間の場合、妊娠のためだけのセックスは味気なく虚しさがあります。夫婦で楽しい時間を過ごすことが第一目的のセックスであれば、自然と充実した時間になります。
妊活中の妻が夫を上手に誘う方法!
妊娠を成立させる為には、どちらか一方の気持ちだけが盛り上がっても駄目で夫婦二人の気持ちが盛り上がらなければ難しいです。セックスは性欲に掻き立てられて行うものですが、残念ながら二人同時に自然と盛り上がるのは確率的に低いです。通常は性欲の高まった男性が女性を誘うものですが、女性にも性欲はあるので逆のパターンがあっても不思議ではありません。妊活中の妻が夫を上手に恥じらいなく誘う方法を紹介するので、参考にしてください。
妊活の時こそ夫婦生活を楽しまないと!
赤ちゃんを作るためには夫婦生活を行うことが基本となりますが、いつしか赤ちゃんを作るためだけの営みになってしまっている夫婦も多いものです。義務的になってしまっては、何となく寂しいものですよね。妊活の時には夫婦生活を楽しんで行うほうが、妊娠しやすくなるという考え方もあります。夫婦生活とは夫婦にとってどのような意味合いがあるのでしょうか。また妊活中にセックスを楽しむことがなぜ大切なのか、考えてみましょう。
妊活したいのにセックスレス!?どうしたら良い??
妊活は、女性だけではなく男性にとっても大切な期間なので、一緒に取り組んでいくことが大切です。精力アップに繋がる食事を取り入れていき、夫婦の健康・栄養管理だけではなく、コミニュニケーションも大切にしていきましょう。二人だけの生活に、赤ちゃんが加わっても良いという心の準備もしておきましょう。
セックスレスの原因は男性が大半!?
セックスレスになるのは旦那が大半ですが、女性にも原因があるはずです。自分たちの行動を見直していき、夫婦間のコミュニケーションやスキンシップを大切にして、お互いを尊重し合える仲を築き上げていくことが大切なのです。
自己流タイミング法はこんな方におすすめ!
今や結婚している夫婦の7組に1組は不妊と聞きます。普通に夫婦生活を送っていては、なかなか授かれないカップルも多いと思います。かといって通院するには、時間も費用の負担も大きいです。そこで、私が実践したおすすめの自己流タイミング法をご紹介します。
妊活には相性も必要?実はDNAには相性がある?
最近では晩婚化の影響もあり妊活を行う人が増えています。もちろん妊娠する為にはパートナーが必要ですよね?妊活にはパートナーとの相性は非常に重要になってきます。自分だけが子供を作りたいと思っていても一人ではできません。相手のことを思いやりお互いが真剣に妊活に取り組むことにより成功する可能性が高まるといえます。妊活する上でお互いの食生活にも気を付けなければなりません。最近では精子のDNAは損傷するという事例もあります。一緒に勉強して正しい妊活をして行きましょう!
妊活のファーストステップ「タイミング法」はこんな方におすすめ!
赤ちゃんがほしい人の妊活のファーストステップに、タイミング法というのがあります。このタイミング法とは、どんな方におすすめなのでしょう?
妊活中!妊娠しやすいタイミングや回数は?
排卵日前後の1日~2日にタイミングを合わせることで、妊娠の確立が高くなるので、排卵日を特定できるように、女性は基礎体温をチェックしていくことが大切です。タイミングを合わせることは難しいですが、二人の体調・栄養管理を徹底して、妊活を過ごしていきましょう。
旦那の性欲がない・・・妊娠できるかな?
赤ちゃんがほしいと思ったら、妊娠のために旦那の性欲が大きく関係してきますよね。旦那の性欲がなければ、妊娠することは難しいでしょう。旦那の性欲をアップさせることが望ましいのではないでしょうか。でも、実際にどうやったらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。その中には、とても困っているという人もいるのかもしれません。そこで、効果的に旦那の性欲をアップさせて、めでたく妊娠できるような方法をたっぷりと紹介していきます。
精子をため過ぎると質が低下するって本当?
一般的に、妊娠を望む場合は女性の排卵日付近で性行為に及びます。これは妊娠の可能性を高める為に行われますが、それに合わせて男性が禁欲する事があります。ですが、精子をためすぎると質が低下するという意見もあります。
妊活するならまずは夫婦でストレス解消!
昨今では少子化問題が深刻化してきている一方で、妊活という言葉も広まってきました。妊活というのはその名の通り妊娠を目的とした活動という意味です。言葉を知らない人が聞くとまるで不特定多数の人と性交渉を行うようにも聞こえますが、あくまでも夫婦間でのみ行う活動です。そんな妊活事情について調べてみました♪