流産後は妊娠しやすいって本当?

流産はとても辛い経験ですが、流産後は妊娠しやすいという情報が世の中には溢れています。

 

結論から言うとケースバイケースで、正しいと捉えることもできれば間違っていると捉えることもできます。

 

そんな曖昧な流産後の妊娠のしやすさについて、何が正しくて何が間違っているのか紹介していきます。

 

流産を望む母親は一人もいないはずなので、流産になっても前を向くしかありません。
その為にも、流産後の子宮を知ることは必要不可欠です。

 

流産と次の妊娠

流産をすると、生まれていたかもしれない一つの命を失うことになるので精神的なストレスが大きくなります。しかし、その代償に子宮の状態が一度リセットされるので着床しやすい環境になるのも事実です。

 

ただ、着床しやすい環境になるのは、稽留流産や自然流産に限られます。稽留流産はお腹の中で胎児が亡くなり子宮内に留まっている状態のことで、自然流産は手術をするのではなく自然に胎児が出てくる状態のことを言います。

 

手術をすると人工的な手が加わるので、子宮にダメージを与えます。当然ダメージを受ければ妊娠しにくい環境になったり、最悪流産を繰り返すような状態となります。

 

以上のように一口に流産と言っても良い方向へ向かう場合もあれば悪い方向へ向かう場合もあるので、どのような流産をしたかよく認識して次の行動を考えます。

 

流産後すぐの妊活はNG

流産をしたという事実は変えることができません。いつまでも落ち込んでいては駄目だと次の妊娠へ動き出すのは良いですが、流産後すぐの妊活はNGです。

 

自然流産などで子宮の状態がリセットされたとしても、流産して間もない時期は機能が完全に回復しておらず未熟です。妊娠する為の準備が整っていないので、妊娠状態を継続させることができず再び流産する可能性もあります。そして、流産による精神的なショックは身体面にも影響を及ぼし月経不順を招く恐れがあります。

 

月経が安定していない時に妊活をしても妊娠確率を上げることができないので、ショックが癒えて月経も正常に戻った時が良いタイミングです。

 

関連ページ

流産後妊活はいつから初めて良いの?
女性にとって流産を経験することはとてもツラく、精神的にはもちろんのこと、肉体的にも相当な負担がかかるものです。再び流産後妊活を始めるにはいつからが適しているのか。ここではそのタイミングについてまとめてみました。
流産を防止するためにも葉酸サプリは効果的!
誰もが無事な出産を望みますが、妊婦の内2割程度に流産が起きるとされることを考慮すれば、出来る限り対策は取って置きたいものです。流産した女性の血液検査では葉酸の値が低いことが知られる他、妊婦にとって葉酸は子宮内の胎児にたくさんの栄養を運ぶためにも必要です。ここで紹介するのは、流産防止へ繋がる葉酸についてです。
稽留流産後は妊娠しやすいの?どうして?
稽留流産とは、子宮内で、何らかの原因によって、胎児がなくなってしまうことを指します。その胎児はお腹の中からでてくることがなく、子宮の中に留まってしまうため、稽留と称されているのです。稽留流産後は、妊娠しやすいと言われています。流産した後は、妊娠しにくいような、イメージもありますが、なぜ稽留流産の場合は、妊娠しやすいのでしょうか?
流産してしまう確率ってどのぐらい?
妊娠していることが分かると、誰しも幸せな気持ちになるものですよね。女の子かな、男の子かな、なんて考えながら、毎日がウキウキだと思います。しかしその反面、つわりやその他の体調不良など心配事もつきません。中でも流産は最も怖いもので、特に出産が初めてという新米ママさんパパさんにとっては不安要素だと思います。知らないからこそ怖い。ここではそんなご両親のために、流産のリスクについて一般的に言われている確率を、その年齢別にご紹介していきます。
稽留流産後どのくらい妊娠出来なければ不妊治療を始めた方が良い?
稽留流産を経験したことがある人も多いのではないでしょうか。現在妊娠を望んでいるのに、稽留流産の経験からなかなか踏み出すことができずに困っている人もいるでしょう。その中には、妊活をしたいのだけれどもいつから不妊治療を始めたらいいのかわからないという人もいるのかもしれません。そんな人に向けて、稽留流産をしてからどれぐらいで妊娠できなければ、不倫治療を始めたらいいのかについてたっぷりと紹介していきます。
葉酸サプリには流産を防止する効果もあるの?
葉酸サプリは、妊娠前の女性が妊娠のために活動を行うひとや妊婦のひと、さらに授乳中にあたる女性が飲むことで健康的に子供を成長させるとともに母体の健康を守る効果が見込まれるサプリメントとして広く知られています。特に、葉酸は積極的に摂取することが厚生労働省から義務付けられていますが、つわりの時期などにおいては摂取が難しい場合も多いですのでできるだけサプリメントを継続的に摂取したほうが望ましいということはいえます。