流産してしまう確率ってどのぐらい?

妊娠していることが分かると、誰しも幸せな気持ちになるものですよね。

 

女の子かな、男の子かな、なんて考えながら、毎日がウキウキだと思います。しかしその反面、つわりやその他の体調不良など心配事もつきません。

 

中でも流産は最も怖いもので、特に出産が初めてという新米ママさんパパさんにとっては不安要素だと思います。

 

知らないからこそ怖い。ここではそんなご両親のために、流産のリスクについて一般的に言われている確率を、その年齢別にご紹介していきます。

 

20代と30代前半までなら、全体の1~2割程度

厚生労働省の報告によると、妊婦さんの年齢が高ければ高いほど流産の確率は高い傾向にあります。こういった高齢出産の危険性については現在では広く知られていることですが、意外にも若いからといって決して流産の確率が極端に低いわけではないことはあまり認知されていません。

 

報告されているデータを見てみると、20代なら約10%、30代前半でも約15%~20%と、それほど安心しきれるほどの低さではないことが分かります。これは流産の種類が加齢によるものだけではないことが理由です。

 

例えば、人間は動物学的により優秀な子孫を残そうと体が働くため、着床後に何らかの障害がある可能性の受精卵は、早期に淘汰しようとします。なので、若いからといって流産の可能性がないわけでも、ましてやお母さん自信に問題があるわけでもないのです。

 

35歳を超えたら急に加速、40歳では4割とも…

妊婦さんの年齢が徐々に高くなっていくと、若い頃とはまた別の原因による流産の可能性が出てきます。

 

卵子の老化によるトラブルや、母体が妊娠に対応できるまでにかかる時間など、20代のようにスムーズにはいかないことが多いのです。

 

一般的に35歳を過ぎた辺りから流産の確率はグンと高くなり、この頃は25%だったのが40歳になるまでのたった5年間の内に、40%にまで高くなると言われています。

 

また、つわりや体調変化での体力の低下も激しくなり、妊娠を維持すること自体が大変となります。高齢ママさんは特に意識して、体に負担をかけないこと、決して無理はしないことを心がけて下さいね。

 

関連ページ

流産後妊活はいつから初めて良いの?
女性にとって流産を経験することはとてもツラく、精神的にはもちろんのこと、肉体的にも相当な負担がかかるものです。再び流産後妊活を始めるにはいつからが適しているのか。ここではそのタイミングについてまとめてみました。
流産後は妊娠しやすいって本当?
流産はとても辛い経験ですが、流産後は妊娠しやすいという情報が世の中には溢れています。結論から言うとケースバイケースで、正しいと捉えることもできれば間違っていると捉えることもできます。そんな曖昧な流産後の妊娠のしやすさについて、何が正しくて何が間違っているのか紹介していきます。
流産を防止するためにも葉酸サプリは効果的!
誰もが無事な出産を望みますが、妊婦の内2割程度に流産が起きるとされることを考慮すれば、出来る限り対策は取って置きたいものです。流産した女性の血液検査では葉酸の値が低いことが知られる他、妊婦にとって葉酸は子宮内の胎児にたくさんの栄養を運ぶためにも必要です。ここで紹介するのは、流産防止へ繋がる葉酸についてです。
稽留流産後は妊娠しやすいの?どうして?
稽留流産とは、子宮内で、何らかの原因によって、胎児がなくなってしまうことを指します。その胎児はお腹の中からでてくることがなく、子宮の中に留まってしまうため、稽留と称されているのです。稽留流産後は、妊娠しやすいと言われています。流産した後は、妊娠しにくいような、イメージもありますが、なぜ稽留流産の場合は、妊娠しやすいのでしょうか?
稽留流産後どのくらい妊娠出来なければ不妊治療を始めた方が良い?
稽留流産を経験したことがある人も多いのではないでしょうか。現在妊娠を望んでいるのに、稽留流産の経験からなかなか踏み出すことができずに困っている人もいるでしょう。その中には、妊活をしたいのだけれどもいつから不妊治療を始めたらいいのかわからないという人もいるのかもしれません。そんな人に向けて、稽留流産をしてからどれぐらいで妊娠できなければ、不倫治療を始めたらいいのかについてたっぷりと紹介していきます。
葉酸サプリには流産を防止する効果もあるの?
葉酸サプリは、妊娠前の女性が妊娠のために活動を行うひとや妊婦のひと、さらに授乳中にあたる女性が飲むことで健康的に子供を成長させるとともに母体の健康を守る効果が見込まれるサプリメントとして広く知られています。特に、葉酸は積極的に摂取することが厚生労働省から義務付けられていますが、つわりの時期などにおいては摂取が難しい場合も多いですのでできるだけサプリメントを継続的に摂取したほうが望ましいということはいえます。