つわりにはどんな症状があるの?

つわり

つわりと言っても実は色々な症状があります。よく一般的に知られているつわりの症状は吐き気やおう吐をする「吐きつわり」ですね。これは最もつらいつわりの症状だと言えます。そして一般的につわりとして起きやすい症状の一つだと思います。

この「吐きつわり」の場合は、食べられるものが極端に減ってしまい、症状が重い人は水を飲んでも吐いてしまいます。もしも水も飲めないほど吐いてしまう場合は、すぐに病院で処置をしてもらいましょう。この症状が重いと、入院して点滴をすることになる妊婦さんもいます

 

食べても吐いてしまうので何を食べていいかわからない…となってしまいますが、喉の通りのいい冷たいものや水分の多いもので自分が摂取できるものを食べるようにしましょう
無理に食べる必要はありません。この時期はあまり栄養など考えなくても赤ちゃんは大丈夫です。
ただし、おう吐がひどい場合は病院にいくことをおすすめします

 

次に「食べつわり」というつわりもあります。これも経験している妊婦さんが多いですね。空腹になると吐き気がしたり気持ち悪くなります。
なので対処法としては、常になにかをつまめる物を常備しておくことが一番ですね。

 

ですがこれも食べ過ぎてしまっても気持ち悪くなってしまうようで、空腹を感じない程度を維持するような感じで軽く食べられる、ちいさめのおにぎりやパン・クラッカーなどを用意しておきましょう。食べつわりだと普段よりも食べてしまい体重が増加しやすい傾向があります

 

次に妊婦さんの特徴として、常に眠たいという症状があります。特に初期に起こりやすい症状と言えます。きちんと睡眠時間をとっていても
日中異常に眠たくなります。場所を選ばず眠たくなるので、運転などする場合は注意が必要ですね。

これもつわりの症状!

つわり

その他に「匂いつわり」などもあります。日常における様々な匂いが苦手になってしまいます。よく聞かれるのが「ご飯の炊ける匂いがだめになる」と言いますね。私はご飯の匂いがダメになることはありませんでしたが、お肉を焼く匂いやスーパーの食品売り場の匂いが苦手になりました。

たばこや、香水、歯磨き粉など強い匂いがだめになることが多いようです。
日常のなかにある匂いが多いので、この時期は普段からマスクをしたり、家ではアロマなど自分が大丈夫な香りをみつけてその匂いでカバーするようにしましょう。

 

他にも「頭痛」もつわりの症状の一つです。私は、妊娠初期に頭痛に悩まされました。これもつわりの一種だったんですね。
頭痛は、ホルモンのバランスの変化や貧血から起きることが多いです。
頭痛はなかなか自分では抑えることができませんので、かかりつけの産婦人科に相談して妊婦さんでも飲めるお薬を処方してもらうなり対処しましょう。

 

 

いかがでしたか?つわりは人によってさまざまな症状を起こします。吐きつわりは本当に辛いものですし、経験した人にしかわからないことだと思います。
つわりが少しでも軽くなるように、この時期はなるべくゆったりと過ごすようにしましょう。つわりも必ず終わりが来ますので、その時期がくるまで頑張りましょうね。

 

関連ページ

つわりはいつから始まっていつまで?
妊活中の夫婦にまず必要なことは葉酸サプリです!まずは、夫婦揃って仲良く葉酸サプリを飲みましょう!
つわり中気になるにおいって?どうしてにおいが気になるの?
つわり中はとにかく匂いに敏感!になりますよね。今まで当たり前の匂いが妊娠したら突然苦手になり、吐き気がするほどに。なぜつわり中は色々な匂いがだめになるのでしょうか?今回は、どんな匂いがだめになりやすいか?対策などまとめてみました!
つわりの終わり方【つわりはある日急に終わる?】
つわり中の妊婦さんは、このつわりがいつ終わるのか?そればかり気になってしまいますよね。早く終わって美味しいもの食べたい!と考えている妊婦さんも多いですよね。それでは、このつわりの終わり方はどんな感じなのか?いつ終わるのか?兆候などまとめてみました。
つわり中でも食べやすい食材は?
何か食べても気持ち悪く、食べなければもっと気持ち悪い、「つわり」。そんなつわりの時にでも食べやすい食材はこちら。
つわりがない人や軽い人もいる?
吐き気や嘔吐といったつわりの症状。妊娠初期なら誰にでも起こりえます。つわりが無い人や軽い人もいます。個人差が大きいので、つらい時は我慢しないで病院にかかって良いんですよ。
アロマの香りでつわりの症状が改善?
妊娠中に起こるつわり。あまりに症状がひどく、栄養が不足してしまう場合、母体どころか胎児の成長も危ぶまれることになり、流産の可能性が高まります。それを防ぐため、食事が一切とれないなどつわりがあまりにひどい場合には、入院となるケースもあるといいます。つまりの原因は諸説あって今のところ「これだ!」と明確には判明していません。そのため対処療法しかないわけです。我慢できる程度の軽い症状の方や、全く症状がない方もいれば、本当につらい方もいらっしゃいます。かといって入院するほどではないという場合、自分でどうにか耐え忍ばないといけません。辛かったらすぐに横になるとか、経口補水液を常に持ち歩くとか、様々な方法がありますが、つわりの症状が改善する意外な方法としてアロマがあります。
つわりのピークっていつ?つわりを乗り切る方法とは?
つわりのピークは、個人差がありますが、妊娠3か月から4か月くらいです。この時期に、胎盤が体内で完成されるので、完成と共につわりも収まっていくのです。つわりは、体内に胎児のための領域を作ろうとする際に起こる現象で個人差があります。症状としては、吐き気、嘔吐、唾液の増加、倦怠感、頭痛、眠気などがあります。つわりを乗り切るにはどうしたら良いのか?
葉酸サプリでつわりの症状は改善するの?
葉酸は赤ちゃんの先天的異常が起きるリスクを下げる効果があって、細胞分裂にも欠かせずDNAの構成にも大きな影響を与えてる成分です。他にもつわりを軽減する効果もあります。つわりは一般的に妊娠6週目から7週目ごろになる人が多く、最もヒドいのが9週目から10周目で酷くなると歩くことも難しくなります。安定的に入る14週目から16週目ごろには落ち着いてきて普段通りの生活にもどれます。ただ人によっては後期になる人もいます。赤ちゃんは妊娠4週目から12週目になると大変細胞分裂が盛んになって多くの葉酸が必要となります。この時期には母親も豊富な葉酸を摂取する必要があり、最低でも1日400マイクログラムの葉酸サプリは摂取した方がよいです。
つわりの何が原因なの?予防はできないのでしょうか?
パンが焼ける匂いで気持ちが悪くなって吐いた、などがつわりの一般的な症状ですが、どのような食べ物がダメでどのような食べ物が好きになるかは人それぞれです。つわりの原因は今の医学では、はっきりと判っていません。しかし、色々な学説があります。