つわりがない人や軽い人もいる?

吐き気や嘔吐といったつわりの症状。妊娠初期なら誰にでも起こりえます。

 

つわりが無い人や軽い人もいます。

 

個人差が大きいので、つらい時は我慢しないで病院にかかって良いんですよ。

 

妊娠初期に起こりやすい、つわりですが、全く無かったという人もいますよね。

「ちょっと気持ち悪いなあということが時々あったくらい」
「お腹がすくと気持ち悪かったかな」
「午前中気持ち悪いことが多かった」

というように、軽く済む人もいます。つわりの軽い・重いを決める基準はあるのでしょうか?

 

つわりと妊娠悪阻

妊娠初期に起こりやすい、吐き気や嘔吐は、妊娠を維持する2種類のホルモンが多量に分泌されていることが原因で引き起こされると考えられています。
妊婦の50~80%にこの吐き気や嘔吐が出現しますが、この症状が激しかったり、長く続いたりして、脱水症状や体重減少が起きた場合「妊娠悪阻」と呼ばれます。

 

つわりが重い状態の「妊娠悪阻」は、妊娠5週~6週から妊娠12~16週までに症状が発現することが多いです。

 

つわりの症状は?

基準となる症状は、ほぼ毎日の嘔吐、尿中ケトン体陽性(糖質の摂取不足から代謝異常を生じた結果、ケトン体がたくさん作られて尿中に増加し、「ケトン体陽性」という尿検査結果が出ます。試験紙を尿に浸すことで、簡単に検査することもできます。)、持続的に体重が減少する(特に5%以上体重減少する場合)などです。

 

つわりと妊娠悪阻との、明確な線引きというのは無いのが現状です。

 

病院にかかる目安は?

体重がたとえ5%以上減っていなくても、頻回に嘔吐してぐったりしている場合には点滴を受ける場合があるでしょうし、嘔吐はしていなくても全く食べられなく体重が日々減っている場合、やはり点滴の対象となることがあると思います。
体重の5%というのはどれくらいかと言うと、50kgの人で2.5kgが目安です。
妊娠前の体重が50kgの人では、そこから2kg体重が減った時点で、健診前でもかかりつけの産婦人科に相談する目安となるでしょう。

 

つわりは個人差があります。とっても我慢強い人もいますし、不安が強いタイプの人もいます。赤ちゃんにちゃんと栄養がいかないのでは…など、つらい気持ちになる前に、かかりつけの産婦人科に相談してみることをおすすめします。

 

妊娠初期の健診は、順調な場合は4週間に1回ですよね。つわりのある時期と言われる、妊娠5週~16週は、4週間に1回の健診なので、とても次の健診までつらくて我慢できない!という時は、まず電話で相談すると良いですよ。

 

起き上がる体力気力も無くなってしまう前に、病院の通常診療時間内(点滴になる可能性を考えて、朝一番で電話するのが良いでしょう)に、まずは電話で相談です。電話で問診を受け、「今から病院に来てください」「何時ころ病院に来てください」と決まってから受診する方が、お互いにきちんと準備ができて、待ち時間も短縮され、スムーズな治療につながると思います。

 

周りの人から話しを聞いたり、自分のできる範囲で情報収集をしていても、「自分のつわり」がどれにも当てはまらないこともあります。
持病があって妊娠している方もいますし、かかりつけ産婦人科に相談することが一番です。
健診まで待てるつわりの状態の方は、食べてり飲んだりできた種類・量や、毎日の体重をメモして持参することをおすすめします。

関連ページ

つわりはいつから始まっていつまで?
妊活中の夫婦にまず必要なことは葉酸サプリです!まずは、夫婦揃って仲良く葉酸サプリを飲みましょう!
つわりにはどんな症状があるの?
つわりと言えば、気持ち悪くなって吐き気がしたりおう吐するというイメージが強いですが、実はつわりといっても色々な種類があります。こんな症状もつわりなの?と思うようなこともありますよ!つわりの種類についてまとめてみました。
つわり中気になるにおいって?どうしてにおいが気になるの?
つわり中はとにかく匂いに敏感!になりますよね。今まで当たり前の匂いが妊娠したら突然苦手になり、吐き気がするほどに。なぜつわり中は色々な匂いがだめになるのでしょうか?今回は、どんな匂いがだめになりやすいか?対策などまとめてみました!
つわりの終わり方【つわりはある日急に終わる?】
つわり中の妊婦さんは、このつわりがいつ終わるのか?そればかり気になってしまいますよね。早く終わって美味しいもの食べたい!と考えている妊婦さんも多いですよね。それでは、このつわりの終わり方はどんな感じなのか?いつ終わるのか?兆候などまとめてみました。
つわり中でも食べやすい食材は?
何か食べても気持ち悪く、食べなければもっと気持ち悪い、「つわり」。そんなつわりの時にでも食べやすい食材はこちら。
アロマの香りでつわりの症状が改善?
妊娠中に起こるつわり。あまりに症状がひどく、栄養が不足してしまう場合、母体どころか胎児の成長も危ぶまれることになり、流産の可能性が高まります。それを防ぐため、食事が一切とれないなどつわりがあまりにひどい場合には、入院となるケースもあるといいます。つまりの原因は諸説あって今のところ「これだ!」と明確には判明していません。そのため対処療法しかないわけです。我慢できる程度の軽い症状の方や、全く症状がない方もいれば、本当につらい方もいらっしゃいます。かといって入院するほどではないという場合、自分でどうにか耐え忍ばないといけません。辛かったらすぐに横になるとか、経口補水液を常に持ち歩くとか、様々な方法がありますが、つわりの症状が改善する意外な方法としてアロマがあります。
つわりのピークっていつ?つわりを乗り切る方法とは?
つわりのピークは、個人差がありますが、妊娠3か月から4か月くらいです。この時期に、胎盤が体内で完成されるので、完成と共につわりも収まっていくのです。つわりは、体内に胎児のための領域を作ろうとする際に起こる現象で個人差があります。症状としては、吐き気、嘔吐、唾液の増加、倦怠感、頭痛、眠気などがあります。つわりを乗り切るにはどうしたら良いのか?
葉酸サプリでつわりの症状は改善するの?
葉酸は赤ちゃんの先天的異常が起きるリスクを下げる効果があって、細胞分裂にも欠かせずDNAの構成にも大きな影響を与えてる成分です。他にもつわりを軽減する効果もあります。つわりは一般的に妊娠6週目から7週目ごろになる人が多く、最もヒドいのが9週目から10周目で酷くなると歩くことも難しくなります。安定的に入る14週目から16週目ごろには落ち着いてきて普段通りの生活にもどれます。ただ人によっては後期になる人もいます。赤ちゃんは妊娠4週目から12週目になると大変細胞分裂が盛んになって多くの葉酸が必要となります。この時期には母親も豊富な葉酸を摂取する必要があり、最低でも1日400マイクログラムの葉酸サプリは摂取した方がよいです。
つわりの何が原因なの?予防はできないのでしょうか?
パンが焼ける匂いで気持ちが悪くなって吐いた、などがつわりの一般的な症状ですが、どのような食べ物がダメでどのような食べ物が好きになるかは人それぞれです。つわりの原因は今の医学では、はっきりと判っていません。しかし、色々な学説があります。