葉酸を食べ物から摂っていれば葉酸サプリは不要?

妊娠したことが分かった時点で、自分やお腹の赤ちゃんのために、葉酸サプリを摂取している人は少なくないと思います。

 

しかし、葉酸というのは、実は自然界の食べ物にもきちんと存在しているのです。効率良く摂取するために、葉酸サプリを常用するのも良いのですが、出来るだけ自然界から摂取したいと考えている人には、葉酸サプリは不要なのでしょうか?

 

また、葉酸というのもは、一体どのような食べ物から摂取することが出来るのでしょうか?

 

葉酸の多い食べ物とは?

妊娠中の1日に必要な葉酸の摂取量をご存じでしょうか?平均的に480マイクログラムと言われています。では、それだけの量の葉酸を摂取するためには、どのような食べ物を摂れば良いのでしょうか?

 

まずは野菜です。野菜には葉酸が多く含まれていますので、野菜中心の食事をしている方は、比較的多くの葉酸を摂取出来ていると思います。
モロヘイヤは、100グラム中に250マイクログラムほどの葉酸を含んでいます。次はホウレンソウです、100グラム中に200マイクログラムほどが含まれていますので、モロヘイヤとほぼ同等の量ですね。

 

カボチャにも多くの葉酸が含まれていて、100グラム中に70~80マイクログラムほどが入っています。その他、ビタミン類やベータカロチンも含まれていますので、積極的に摂取したい野菜です。

 

ただし、葉酸は水溶性の栄養成分ですので、調理すると溶け出てしまうので、吸収率が非常に低い栄養成分となっています。

 

野菜以外で葉酸が含まれる食べ物

葉酸が野菜に多く含まれているのは分かっていますが、他の食べ物にもきちんと含まれています。基本的に和食に使われる食材には、多く入っています。

 

まずは納豆です。大体1パックに60マイクログラムほどの葉酸が含まれています。そして焼き海苔にも葉酸は入っています。100グラム中に1900マイクログラムの葉酸が入っているのですが、一度に100グラムも食べるのは大変です。1回の食事につき大体3~5マイクログラムほどを摂取することになります。

 

さらに、おやつ代わりに食べられる、たたみいわしには、100グラム中に300マイクログラムの葉酸が入っています。カルシウムも一緒に摂取出来るので、妊婦さんには必須の食べ物です。

 

葉酸サプリはいらないはうそ?

このように、食べ物にも葉酸は含まれているのですが、妊娠中に必要な1日480マイクログラムを毎日食べ物からだけ摂るのは、ほぼ不可能です。

 

ですから、食べ物から葉酸を摂っていたとしても、足りない分を葉酸サプリで補う必要があります!

 

葉酸サプリを効率的に使い、妊娠期間を楽しく過ごしましょう!

 

関連ページ

葉酸以外にはどんな成分が必要なの?
妊活中や妊娠中は、葉酸以外にどんな成分を摂る必要があるのでしょうか?
なぜ妊活妊娠中に葉酸を摂取した方が良いの?
妊活中に葉酸を摂取することが当たり前になってきましたが、なぜ妊活中に葉酸を摂取した方が良いのでしょうか?
葉酸は食べ物から摂ってはいけないの?
葉酸サプリが良く話題にのぼりますが葉酸は食べ物から摂ってはいけないのでしょうか?
葉酸サプリがニキビにも効く!?
葉酸サプリで栄養を摂ることで、ニキビにも効果があるって本当!?葉酸サプリとニキビ効果について調査しました!
葉酸キャンディってどうなのよ?
妊娠中や妊活中の葉酸摂取は、健康な胎児の成長に欠かせないものだと注目されています。妊娠中、一日に必要な量として400マイクログラムの摂取が求められています。ですが、この量を野菜や果物などからとろうとすると膨大な量になり、つわり期などは食事のみではとても摂取しきれません。そんな時に便利なのが葉酸キャンディです。錠剤のサプリメントも良いですが、キャンディータイプは柑橘系のさわやかな味のものが発売されております。